フェローニア関東営業所のスタッフ達が日々のことを綴った楽しいブログです!ここだけの打ち明け話も内緒で!

リラックスタイム

       友人の甥っ子のお誕生日会に行って来ました


       何時も忙しい私にとって温泉は極楽極楽という気持でリラックス出来ました


       薬湯はやはり漢方の効能を見ているせいか


       身体の中に入っていって効いている様な気分になります


       芯まで温まって いつまでもポカポカとしています


       しばし 歌と踊りなどを観て楽しい時間を過ごしてきました


       帰りには手作りの山菜やお漬物などお土産を一杯頂きました


       たまには ゆっくりしないといけませんね






           zephyranthes
スポンサーサイト

秋の装い


     九月も中旬が過ぎ お彼岸も過ぎました。

     今年は梅雨を思わせる様な鬱陶しい日がつづいています。

     ベランダでは次々とハイビスカスが咲いてます

     蕾の時は黄色で開くと、大きく口を開いてオレンジ色です

     笑いながら話しかけてくれる姿が美しいです

     秋の果物も色とりどり店先に並んでいます。

     季節は規則正しく移り変わっていくのですね


                mearry 

         

帰省 2
       先週は主人の母の事をブログに載せました


       今日は私の母です


       年齢95才 一人暮らし 何でも自分でこなします


       人の中に入るのが苦手で デイサービスも拒否しています


       デイサービスに行けば と言うと


       読まなきゃいけない本がいっぱい有って


       それどころではないと言います


       (実際はテレビを見て ちょっと横になって 本等は読んでいないみたい…)


       最近物忘れが出てきて心配していましたが


       年齢を考えますと まだまだボケていないと言われています


       一日目に行った時 夕食を一緒にと思い


       ごちそうをいっぱい買って行きましたら


       今日は食欲がないからおかゆで良いと言いました


       次の日に行くと元気になっていて


       おやつを食べたり お喋りをしたり 姉が何かと世話をしに来てくれています


       離れている私はたまに行くだけで 母はとても喜んでくれます


       病院や役所の手続きなど色々してくれている姉には感謝です


       アパートの2階に住んでいますので


       帰りは2階の廊下からずっと手を振っています


       何時まで元気でいてくれるのかなと


       後ろ髪を引かれる思いで帰途につきました




           zephyranthes

帰省
       久し振りに関西の主人の母に会って来ました


       母はグループホームに入っています


       私がちょっと誰やら分からない様子


       お習字のお稽古にも行き 立派な字を書いていた母が


       自分の名前もおぼつかない


       塗り絵をして綺麗に塗ってあるので これは何?と聞いても


       野菜や果物の名前が出てこない


       でも自分の記憶の中で覚えている事は しっかりと何度でも話します


       あんなに何でも出来た母が


       こんなになってしまってと 言う思いも有りましたが


       短い時間でしたので 同じ話は何度でも頷いて聞いてあげました


       帰る時には手を握ったまま離さず


       ありがとう ありがとうと言ってました


       何だか切なくなりました


       ご本人は不満も無く 私は幸せ 幸せと言っていました


       主人が見たら きっと悲しむだろうなと思いながら


       母の所を後にしました


       生きていてくれるだけで良いと思いました





            zephyranthes

       
Copyright © ゼラニウム ladys. all rights reserved.
まとめ