フェローニア関東営業所のスタッフ達が日々のことを綴った楽しいブログです!ここだけの打ち明け話も内緒で!

春満開

       3日間 留守にしている間に 


       ボタンの大輪が8輪も咲いていました


       我が家のは 真っ赤で華やかです


       冬の間大きくならなかったパンジーもどんどん花を付けて凄い勢いです


       もうすぐ季節が変わるのに 抜くのが惜しい位です


       家庭菜園で春菊を育てていましたが


       食べ損なった春菊の 名前の通り白い花びらの小花が咲いてきました


       暖かくなると植木もしっかり季節を忘れずに大きくなります


       一重の桜はあんなにもてはやされたのに


       今 満開の八重の桜はぼってりとしていてふりむかれないのでしょうか


       宴会をしている人はいません


       自転車で走っていて おかしくなります



       大阪の造幣局の桜の通り抜けは 八重が多く


       中では宴会はできませんが お外のお店は大繁盛です
     

       
       人の心は 気まぐれですね





           zephyranthes


       
スポンサーサイト

子孝行

       父の生家である 島根に行ってきました


       不便なので 陸の孤島と言われています


       久し振りに兄姉妹と会いました


       見掛けは皆 若くて元気そうなのですが


       体に色々 出てきていますので やはり年令を重ねたなと感じました


       都会よりも空気は良いと思って行きましたが


       中国大陸からの黄砂やPM2、5などの影響か 霞んでいました


       2泊3日でしたが もめる事も無く


       兄は長男としての役目をしっかりと果たし 兄嫁も本当に良くしてくれました


       温泉とご馳走三昧で ご馳走がご馳走でなくなる位でした


       石見神楽を見たり足立美術館に行ったりと


       用件が終わった後は楽しく過ごして来ました


       穏やかな性格の兄姉妹なので


       本当に感情を使う事も無く過ごせて


       親に有難いなと感謝の気持の再確認が出来ました





               zephyranthes

懐かしいI様

       長年 フェローニア化粧品 ご愛用のお客様が


       足を悪くされて 80才で老人ホームに入られたとのこと


       20年もお会いしてなかったのですが 妹様と共に


       先日 訪問させて頂きました


       住宅地にある高級マンションの様なホームでした


       お部屋を買われたとの事で すてきなお部屋です


       ベッドの上で 明るい笑顔 ああお変わりなくて良かった…


       そしてお肌も若々しいお姿で胸がいっぱいになりました


       うす化粧もなさっていました


       懐かしく おしゃべりしていましたら


       「さあ そろそろギターの先生がいらして 歌の時間だわ!」と


       入所されている方々と共に 懐メロをたっぷり歌って来ました


       結構な奥様にお会いして 私も豊かな気持ちの一日でした






          ベス

春の香り
          
         />わさび菜
                 ・若葉色が鮮やかでチリチリ葉っぱ美しく
                  ほんの少しピリッとしサラダの上にこんもりと。

         ;" />小松菜
                 ・春色緑、淡い色、小さき黄色花付けて
                  その愛らしさに見とれてる。
;" />木の芽(さんしょう)
                  ・春の香りの代名詞、和食に添える、
                   ほのかな香り立ちのぼり、引き寄せられて。

           ;" />赤紅葉
・赤もみじ・春に咲く赤い葉よ
                   ぱっと開いた赤ちゃんのおててのような赤もみじ。
続きを読む

美のお手本
       先日 倉橋先生のセミナーに参加しました


       優先順位のお話をされて


       ご飯を食べる事  風呂に入る事  歯を磨く事  顔を洗う 等は上位ですが


       いざ マッサージとなると 


       まあ良いかとか忙しいとか 後回しになります


       テレビを見ながらの”ながら時間"だと


       出来るのではないでしょうかと仰っていました


       フェローニアのビューティフェイシャルSQⅡは毎日でも使えます


       朝の洗顔フォームの代わりに使ったりもします


       先生のお話の様にテレビを見る時間はたっぷりと有ります


       ”ながら時間”で日々老化していく肌に抵抗して


       マッサージ時間を上手に作っていかなければと思います


       60代になりますと あれ?あれ?と言っている間に


       目の下のタルミや フェイスラインの崩れ 法令線のシワ…


       一度出来てしまったものは 中々改善が難しいものです


       日々の努力が実を結ぶのを 倉橋先生のお顔を拝見してよくわかります


       いつまでも若々しく 美しく… 努力あるのみですね






          zephyranthes


       


                     

読書は楽しい!!

       長時間の電車内では 読書です


       昨年から今年にかけて


       上橋菜穂子著のシリーズ本を ワクワクしながら面白くて読みました


       さて 次は? そうだ 以前息子が読んでいた


       櫻井よしこ著の "何があっても大丈夫”がありました


       これ又 グングンと引き込まれてゆきました


       出生からジャーナリストになるまでの半生ですが とにかくすばらしい


       すべてがプラス思考です


       すごい運命とはいえ 強くて たくましくて あきらめない


       強くて前向きな陰には


       お母様がいらしたのですね


       本当に品格のある 聡明な彼女に脱帽です
 

       人生は ”何があっても大丈夫” ですね





               ベス

           



       

       


       

期待を胸に
       今朝はベランダにサクラの花弁が舞っていた
       
       枯葉の時もあるが淡いピンクの花弁は嬉しい。

       季節の移ろいを思い起こさせてくれる。

       電車の中は履き慣れない靴にぎこちない制服姿の新入生が

       今日だけはお母さんのそばから離れようとしない。

       高校の入学式なのだろう.

       きっとたくさんの期待を背に受けて手にした春なのでしょう。

       お母様のグレーのコートも光っている。

       下したての靴で歩きにくそうにしているのはいつまでだろ。

       三年後には又新しい世界に飛び立っていくのだろう。

       友達も思い出もたくさん出来る時だから

                 

主婦の鏡?ひとりごと
           

          結婚前からの夢を思い出す日々をおくっています。

     
    
          「大きくなったら何になりたい?」と聞かれて、 
           
          「お母さんになりたい」と、盛り上がりに欠ける事を言っていました。

          望まなくても結婚したらみんなそうだよと言われて「シュン」としてました。

          二人の女の子とお菓子を作るのが夢でした。

          あれから五十年が経って、今キッチンでお菓子作りを楽しんでます。

          今では二人の女の子はよそで主婦をしています。

           主人は手作りの物をあまり好みませんがそのせいか「美味しい」と言って

           食べてくれる時が一番嬉しいです。

           今手作りデザートにはまっています。中でもあんみつは食後の楽しみです。

           クッキーも楽しんでます。自分で作って食べることが幸せなのだとひとり言をいいながら。




                         meariy
Copyright © ゼラニウム ladys. all rights reserved.
まとめ